このエントリーをはてなブックマークに追加

今の子供にとっては、電話といえばスマホのようです

わが家には、二人の小学生の息子がいます。彼らにとって携帯電話といえば「スマホ」です。すでにガラケーは知らない世代です。わたしがインターネットを使うようになったのは、大学生の頃だったのですが、息子たちは小学生の時点でネットを使いこなしています。それは、スマホが身近にあるせいなのですが、みていると本当にすごいなとおもいます。とくに、親が使い方を教えたわけではないのに、ネット検索をしたり、アプリのゲームをしたりと、親のスマホをまるで自分のもののように使いこなしています。

最近は高学年になってきて「自分のスマホが欲しい」と言い始めた息子たちですが、わが家では小学生の間はスマホは買い与えない予定です。もちろん、子どものスマホ利用はわが家に限ったことではなく、他の家庭でも同じようです。息子たちのお友達も、器用にスマホを使いこなし、ネットやゲームを楽しんでいるようです。以前は「子供にネットやスマホなんてまだ早い…」と考えていたわたしですが、さすがに最近はネットやスマホを利用させないのではなく、上手に付き合っていく方法を教えていく方が大切なのだと考えるようになりました。たとえ今は親の権限でネットを制限していても、いつか自分でスマホやタブレットを持ち利用する日がきます。だったら、安全に利用する方法を教えるのが親の役目であるようにおもいます。ネットには、便利とキケンのどちらの可能性があるということを、しっかり教えていきたいとおもいます。
Copyright (C)2019もっと使いこなす!携帯電話.All rights reserved.