このエントリーをはてなブックマークに追加

プライバシーに配慮されている電話連絡網

小学生が友達に連絡したいことがある時には、相手の自宅に電話しますよね。そのときに、ほとんどの場合学校の連絡網を見て電話番号の確認をすることでしょう。わたしも子どもの頃はそうでした。今でも、わが子は友達の家に電話をする時には連絡網を見てかけています。学校の連絡網といえば、クラス全員の電話番号が書いてあって当たり前という感覚でいた30代のわたしには、最近少し驚いたことがあります。それは、連絡網に電話番号を乗せるのはあくまで任意なのだということです。

わたしも息子が小学校に入学するまで知らなかったのですが、入学後に「連絡網に電話番号を記載してもOKですか」というような確認の書類が配られます。この確認は毎年4月に学年が変わるたびに行われ、プライバシーなどの関係で電話番号をクラスメートに知られたくない場合には掲載を拒否しても良いのだそうです。こんなシステムで連絡網が作られているとは、まったく想像もしていなかったので最初はとてもびっくりしました。

息子のクラスにも、実際に2名ほど連絡網に電話番号を記載していないご家庭があります。そのお母さんの携帯番号も知らないので、わが家ではその子とは連絡の取りようがありません。子どもが遊びたい場合には、学校で約束をしてくれば良いので、特に困った様子はありません。きっと、情報社会だからこそ個人情報の取り扱いには学校も最大限気を付けているんでしょうね。時代は変わってきているんだなと実感した出来事でした。
Copyright (C)2019もっと使いこなす!携帯電話.All rights reserved.